カプチーノのスペシャルタービン

カプチーノ インフォメーション トップ

タービン


このタービン、詳細は書けません。ゴメンナサイ。
外に出回ることがまずないタービン!
スペシャル中のスペシャルです。

−1− 全体

これがそのタービン。通常位置ではまったく
付けることができません。当然、カプチのために
作ったタービンじゃないコトは確か。
大きさは純正と比べて、ひとまわりチョット大きい
くらいでしょうか?
カムカバーの横に並ぶので熱対策もせねば!










−2− INハウジング

刻印にもあるように、F3です。な〜んだ、F4じゃ
ないからたいしたことねーじゃん。なんていう
人はチョット待った!甘い!
このタービン、F3と打ってありますけど、中身も
外見もまったくの別物です。そもそもこのタービン
のために、鋳型を起こしてるんですから!



−3− F3ですけどなにか?

少しバラしちゃうと、F3スペシャルの外見に、
中身はF4〜5並の羽、市販の羽じゃありません。
ちなみにボールベアリングタービンです。



−4− EXハウジング

特性としては、どの回転からでも”ガツン”と
パンチのある加速が魅力です。ふつうのF4じゃ
これはなかなかできません。



−5− 取り付け

よしっ、付いたぞ〜、ということでパチリ!
さっきの続きですけど、低回転だけじゃなく、
ストレスなく上まで使えます。 もちろんエンジン
も良いわけなんですけど。
駆動系の負担が尋常じゃなくなるので、この車
ではかなりブーストを抑えます。それでも凶暴。



−6− 水周り

今度はタービンの水周り、油周りのパイピング
製作です。アルミのフランジからパイプを新設
しました。パイピングの美しさが際立つチューン
ではないでしょうか?
振動に耐えられるかなぁ?ちょっと心配。
そうなったらステンメッシュホースにするかぁ。



−7− バフがけ

タービン周りのパイプがピカピカになりました。



−8− ヒートガード

アルミ製です。熱源の直撃は防げます。



−補足−

市販タービンで、水周りの配管を付けていない
ものもあります。町乗りなど長く使うようなら、
水周りの配管は必ず回しましょう。
カプチーノ用の31タービンは純正の水周りを
使うので問題ありません。



−インプレ−

やっぱりデカかった・・・
このタービンは1L以上の排気量じゃないと厳しい
ですね。カプチでは下から使うには無理がありました。
といっても、加給は1800rpmからかかります。
実際に力が出てくるのが3800rpm以上。



カプチーノ インフォメーション トップ