カプチーノ サージタンク

カプチーノ インフォメーション トップ

サージタンク


自分の車のガスケットがずれているのかと
思ったら、サージタンク本体がずれているな
んて・・・他にも同じようにズレているものが
ありました。中にはドンピシャなものもあるの
かなぁ?

−1− 段差の修正をします

エアの流れをスムーズにするよう加工します。
ターボ車なので、どれくらい効果があるのか
走ってみないとわかりません。(○部分を加工)














−2− だんだん削っていきます

左の画像よりも段差が少なくなってきました。
もう少し削っていきます。
違いがわかりますか?



−3− ここはこれで終了

だいぶスムーズになりました。
これ以上削ると穴が開くかもしれないので、
ここでストップ!



−4− 次はこちら

画像で見る通り、ガスケットが1.5ミリほど左、
1ミリ下へズレています。右側はぴったりなので、
黒くなっている左側と下側を削ります。



−5− とりあえず1発終わり

手前だけだと乱流が起きるため、出口だけ
でなく
奥側に3〜4センチは削ります。



−7− これで削りは終了!

全部削ったあと、軽めにバフをかけて終了。
あとはキッチリ切粉を洗い流して、完成です。



−8− 結晶塗装

サージタンクを結晶塗装しました。センサー類を
元に戻してホコリがかぶらないよう保管。



−9− 取り付け

サーモスタッドやスロットル、フューエルパイプも
取り付け、あとはエンジンに付けるだけ。



−10− 完成

ハイ、これでくっつきました!上側はほとんど赤!





スロットルボディの加工

本体バフがけ&ビッグスロットルに加工します。

−1− バフがけ

そんなわけで、バフをかけました。アイドル調整
のねじを外すのがけっこう厄介です。エアがあると
簡単に取ることができます。この穴をきれいに
することで、アイドル不調を解消
できることも。







−2− ビッグスロットル加工(マウスを画像へ)

出入り口を2ミリ拡大加工しました。ついでに
飛び出たねじの先を削り落としてあります。
バタフライバルブもスロットル径にあわせ大径に。
違いを見てくださいまし。



−3− 最後にクリア塗装

これでスロットルボディはおしまいです。
コストパフォーマンスもかなり良い線いくのでは
ないかな?あ〜、やっぱり少し曇る。





−4− 取り付け

結晶塗装と合わせたらどうなるかなぁ〜と思い
つつ、くっつけてみました。
おお!意外と悪くないですっ。





カプチーノ インフォメーション トップ