カプチーノ小技

カプチーノ インフォメーション トップ

その他パーツ

アルカンターラシフト&サイドブーツ

−1− アルカンターラ

色は定番の黒をチョイス。バケットシートにも使うし。
以前製作した合皮も良かったんですが、もっと高級
素材にしよう!ということでコレ♪








−2− 糸

皮革用。強度のある糸で、とりあえず4色買って
みました。皮が黒なので、赤か黄色が合いそう。
青と緑はあまりステッチが見えない・・・



−3− 型紙製作

純正の縫い目をほどいていって、型紙を作ります。
型紙に合わせて裁断して縫い合わせ。



−4− シフトブーツ装着

少々長めに作ってあります。これでシフトをどこに
入れた状態でもシフトレバーが隠れます。



−5− サイドブーツ装着

純正と同じようにブーツ下にある細い鉄枠も縫って
あります。





−6− これは良い!

作って良かった。質感最高!サイドブーツは純正
とは違い、先端部をダブルステッチにしてみました。





ペダルカバー(ゴム)交換

クラッチとブレーキのペダルカバーを交換しました。
カプチ用のカバーは廃盤になっていて、アルトの
カバーが統一品番になっているようです。
このペダルはあえて金属製にはしません。






モービル1

100%化学合成油、画像は10W-30/SM。
他に0W-40、5W-30、15W-50があります。
これを季節に合わせてブレンドします。







ニューテック

今や定番、ニューテックのオイル。これも100%
化学合成。もっと上のオイルもありますけど、
コレで十分です^^





裏起毛ボディカバー

−1− 裏起毛

現在、青空駐車です。紫外線やら酸性雨で
キレイにした外装が・・・
そんな心配を軽くしてくれるありがたいパーツ。





−2− 後

専用設計なので、気持ちいいくらいにジャスト
フィット!これなら猫が乗っかっても安心です^^
ウチの周りは多いんだ、猫が。



−3− 前

前側でぎゅっと縛れば、側面から上側にかけて
猫の侵入は完全に防げます!



−4− クリアランス

完全に接地しないところが良い!2センチくらいの
クリアランスがあります。



−インプレ−

最高に良いですよ、コレ!!
ワックスのもちが違う!少々値は張りますけど、
その効果は十分発揮してくれています。



XCSver.2

−1− アメリカより直輸入〜

コンデンサーチューンでしょ?いやいや
違います。見た目と機能は似ていますが、
中身はまったくの別物。





−2− 中身

結構でっかいです。取り付け位置が困った^^;
狭いカプのどこに付けりゃ良いんだぁ〜。
インプレは後ほど・・・・・



−3− 取り付けてみました

先っちょが丸型端子で合わない!ぶった切りで
ターミナルに取り付け。電気の安定供給をして
くれる機械です。
現時点ではえらい邪魔ですね^^;
何とか移動することにします。





−インプレ−

安定して電源を供給しています。電圧計でチェック
しているんですが、落ち込みが低いですね。でかい
コンデンサだけのパーツとはモノが違います。
このあとスピーカを取り外したので、スピーカの
あった位置へ移動しました。これでスッキリ!





配線取り回し変更

−1− 助手席側

目立つ加工ではありませんが、ボンネット内を
スッキリするためにやってみました。プラスの
配線も外を通ります。





−2− 運転席側

こっちはやる価値あります。邪魔なコネクターが
外に出てきました。配線延長しないといけません
が、かなりスッキリして見えます。



−3− 助手席側ボンネット内

こんな具合です。バッテリーを移設してあるので
スッキリ。



−4− 運転席側ボンネット内

コネクターの塊がほとんどフェンダー内側に移動
しました。



−3− いかが?

カプチーノ特有?の汚い配線があらスッキリ!
このあとセンサー類にコネクターをはめ込みます。
エンジン降ろすのが一苦労しそうです^^;





強化燃圧レギュレター

−1− 純正

画面左上にあるのが純正品です。





−2− コレ強化品

完全ボルトオンです。定番車種流用チューン♪



−3− 組んでみました

配管が多少変わっていますが、問題なく取り付け
できます。





−4− 燃圧

最大で約4.4キロまでかかるようになりました。
アイドル時2.6〜2.7キロ。(カーソルを画像の上に)





リベット止めアクセルペダル

−1− アクセルペダルを外します。

プラスのねじ2本とタイコを外して、カプラを
引き抜けば取り外せます。ロッドを自分好み
に曲げて扱いやすくするのも通っ!





−2− ペダルに穴を開けます。

1個ミスって、大穴を空けることになりました。
どんどん広げたらこの有様です・・・
裏からワッシャで対応します。



−3− 取り付けに使う道具です。

アクセルペダルは湾曲しているので、アルミ
ペダルもそれに合わせて曲げておきます。
一番右の道具が主役のリベッタです。
今後、出番が増えるかも?の道具です。



−4− リベット打ち込み完了!

どうですか?なかなかカッコ良くなりました。
裏側にロッドがあるので、左上にはリベットを
打てませんでした。3本でも十分の強度が
あります。このお手軽チューンはオススメ!



−インプレ−

こりゃ良い!ぐらつきは皆無!少し左下に張り
出しているので、操作性がグンと上がります。
スポーツ走行される方には◎のお手軽チューン!



メタライザーパワープレート

−1− パッケージ表

初めてオカルトにも手を出しました^^
なんとなくコレ、効いてるんじゃないでしょうか?





−2− パッケージ裏

今まではアンチオカルトだったんですが・・・
う〜ん、効いてるよなぁ・・・多分。



−3− インタークーラー&ラジエターへ

気体や液体、金属が動くところに貼るそうです。



−4− サージタンク&カムカバーへ

ここは空気がよく動きますね。カムは回転してるし。



−5− タイベルカバーにも

カムプーリーにもということで。

 

−6− 全体

他にもサイドシル、センタートンネルにも。



−インプレ−

実際つけた直後は体感できました。いつもと同じ
アクセル開度で、いつもよりも加速感が増して
スムーズに回る感じと言えばいいんでしょうか?
オイル交換した直後と言えば分かりやすいですかね?
人の感覚なので個人差はあるかと思いますが^^;



名称未定の楽しいパーツ

−1− 55000mcd!

5ミリ砲弾型のLEDです。右は22000mcd、左が
最新型55000mcdのLED。強烈な明るさ><
作動チェック用のランプですが、他にも使い道が
あります。





−2− 試作品完成

カプチーノにはこの配置がベストかな?カプチ用は
ちゃんと理由があってこんな配置なんです。
カプチだけでなく、いろんな車で試してみる予定
です。



−3− ココについてます

黄色い四角部分、この裏側に貼り付けてあります。
通電するとLEDが点きます。作動時はフットランプ
にもなります。



−4− これがその様子

テスト用なのでいい加減な作りです^^;
夜間は足元を照らしてくれます。試作では白色。
注)フットランプは副産物なので、あしからず。



−5− ほぼ決まり

これにステッカーでも貼れば出来上がりですね。
想像よりも使えるパーツです。
モニターでも募集してみようかな。





ワイパーアース

なんか最近の車と比べると、遅い気がするカプチの
ワイパー。これで変われば安上がり!

−1− とりあえず製作

以前買って余っていた配線を使用して作りました。







−2− アース取り付け位置

赤丸で囲ってあるところがアース線取り付け位置。



−3− ここに決定

とりあえず、配線完了です。さて、変化するかな?





−インプレ−

ほんの少しだけ速度アップした感じ。コストを考え
れば、まずまずといったところ。
そのうち高年式他車種のモーターと交換します。
エンジンフック

−1− ブラスト後

カムカバーに共締めされているエンジンフックです。
変に緑がかった色とはオサラバ!サンドブラスト
処理後の画像です。







−2− クロームメッキ

こんなんできました。エンジンルームのドレスアップ
になるかな?自分の車はエンジン乗っけたあとに
取っ払っちゃいました。





ウォーターパイプ1

−1− ノーマル

タイベルカバーの前を横に通ってるパイプです。元は
黒く塗装してあります。錆びる車が多いようです。





−2− ブラスト

この塗装が溶剤に強い耐性があります。結局
ブラストを使って剥がしました。



−3− クロームメッキ

これも良い感じにあがってきました。下のほうを
交換するのがちょっと面倒かも?






ウォーターパイプ2

−1− ノーマル

アッパーサポートの下についています。外して
下から見ると、放置の長い車両が錆びています。






−2− ブラスト

このパイプは加工の効果があるかも?
目立ちはしないけど。



−3− クロームメッキ

これで錆びも怖くない!ブラストしたので全体的に
ざらついた感じ。すぐに錆びるよりはいいか。





エアパイプ1

−1− ノーマル

タイベルカバーの裏側、プラグカバーの上を
通っています。





−2− ブラスト

ハンパに銅でコーティングされてるようですねぇ。
剥がしてみてわかりました。でもなんで?



−3− クロームメッキ

こりゃお目立ち度高いです♪エンジンルームが
アメリカンテイスト満点って感じっ。





エアパイプ2

−1− ノーマル

サージタンクの上に付いています。スロットルから
の配管を支えるパイプです。





−2− ブラスト

このパイプはワンポイントになりそう!カラフルな
シリコンホースとの合わせ技も使えそうです。



−3− クロームメッキ

どうでしょ?カラーシリコンと合わせたい輝きでしょ?
シックに黒って選択もアリ!





オイルレベルゲージパイプ

−1− ブラスト後

自分の車は11Rなんですが、たまたま21Rの
パイプが出てきたので、さっそくブラストです。
11Rのパイプは別ページに既出なので割愛。







−2− クロームメッキ

21Rにはあんまり邪魔なものがないので、
これはなかなかオシャレじゃないかな〜って
思います。





フューズ隠し

−1− 後から

やや旧車のエンジン周りって感じが隠せない
カプチーノ。フューズ周りはごちゃごちゃしていて
お世辞にも良いとはいえない。なので隠しました。
バッテリーケースみたい。







−2−前から

現物はオープンカフェのときにお披露目できるの
ではないかと思います。
なんかステッカーでも貼ろうかな?バフもかかって
るんで、ドレスアップ効果大!





カプチーノ インフォメーション トップ