カプチーノF6Aエンジン進化論

カプチーノ インフォメーション トップ

ヘッド

エンジンで一番時間がかかったパーツでした。
普通のオーバーホールにはない小技も見て
ください。

−1− ヘッドのバリ取り加工

といっても、ポートだけじゃありません。
どうせやるならってことで、こんなところも
やりました。(カーソルを画像の上へ)










−2− ヘッドのバリ取り加工2

ここもリューターで削ります。このバリを取った
からってパワーが上がるわけではありません。
(カーソルを画像の上へ)



−3− 網目の部分もカットします

この網目ってなんか意味があるんでしょうか?
剛性?冷却?そうは思えないなぁ。
スラッジ溜まりにもなりかねないのでカット。
(カーソルを画像の上へ)



−4− この面は終了

加工前との違いを見てください。
オイルの流れをスムーズに、スラッジが
溜まらないようにするのも、長く乗る秘訣かと。
(カーソルを画像の上へ)



−5− ガスケットを使って線引き

マジックを使って、要らない部分のマーキングを
します。口径が2〜3ミリは広がりますね。
EX側だけでも十分な効果が期待できるので、
予算があればやったほうが良いですよ。



−6− ポートをやっつけます

荒削りできっかけ作り。あんまり穴を大きくすると
耐久性で不利になることもあるので、ほどほどに。
赤い線以上に口径を広げても意味なしです、と
いうよりも悪いことしかありません。



−6− ノーマル〜加工済み(カーソルを画像の上へ)

すっきりさっぱりです。EX側は中をだいぶ広げて
あります。ノーマルと比べると、差は歴然。
こりゃ、相当効率が上がりますなぁ。今から楽しみ。
燃焼室への曲がりが加工難です!



−7− EX側完成画像

3つやっつけました。耐水ペーパーでゴシゴシ
したあとに、大好評のバフがけ。
見た目も美しくしようと、ヘッドの外側もバフを
かけました。アホです。



−8− IN側

EX側と同じように、IN側も加工します。
分岐の尖り具合がエクセレント!F6Aは燃焼室
への曲がりがキツイので、広げるのも一苦労
します。



−9− IN側完成画像

見た通り、バフがけもやってあります。
IN側はバフ後にワイヤーブラシを当てます。
霧化を促進するためには、少し荒れてたほうが
効率が高いんです。



−10− 燃焼室加工

0.6ミリ面研しました。圧縮比をアップします。
そこへ2ミリのヘッドガスケットの組み合わせ。
かなりのトルクアップが期待できる仕様に。
燃焼室はひと通り均して、磨き上げました。
楽しみ楽しみ。



−11− エンジンブローした車より拝借

次の加工したヘッドと比べてどうでしょうか?
汚れは別としてバルブの当たり面、線の細さが
まったく違います。このヘッドはカーボンで荒れて
しまい、圧縮も多少下がっているようです。
ついでにエキゾースト側の一部欠けています。



−12− アップ

4つのうち一番上(EX側)だけバルブの摺り合わせ
をしてあります。わかりますか?それと、バルブの
外当たり加工。ストリートでは最高に近いヘッド!
当たり面、奥の加工ともにノーマルとは別物!
これでヘッド加工完成です。





カムカバー

エンジンの一番上に来る部分なので、目立ちます。
バフがけか結晶塗装、悩んだ結果結晶塗装。
理由は、くすんでしまうのがが嫌だったので。

−1− ノーマルカムカバー

これノーマルです。オイル管理が悪かったり、
放置が長かったりするとけっこう汚れています。
OHの際はぜひ確認してみてください。









−2− バフがけカムカバー

アメリカンナイズされたカムカバーです。悪くは
ないんですが、お蔵入りです。クリアを吹けば
そこそこ持つかもしれませんが、くすむからボツ。



−3− 本命の結晶塗装

やっぱりこれで決まり。無難といいますか、
カッコいいですね。表面積のアップで冷却の
効果もあると思います。うん、見た目は大事!





−4− 反対側から

本来パイプが出ているところがあるんですけど、
ちょこっとカッコつけるためにねじを切りました。
(オイル注入口左の穴、ブローバイホース)





カプチーノ インフォメーション トップ