カプチーノF6Aエンジンのオーバーホール

カプチーノ インフォメーション トップ

カプチーノF6Aエンジン〜組み立て編〜



−1− バルブの摺り合わせ

タコ棒使ってトントンします。
バルブ先端の色が白っぽくなっているのが
わかりますか?



−2− ヘッドの組み立て

ヘッドに組み込むパーツ。いよいよ組みます。
その前にヘッド、その他部品を超音波洗浄器に
入れて細部まできれいにします。



−3− リップシール

ステムシールともいいます。バルブガイドに
はめ込みます。その後にバルブスプリングを
組み込み。完全にバランスをとって仕上げた
ヘッドなら、リップシールはなくてもオッケー。



−4− バルブスプリングコンプレッサー

という器具を使ってバルブスプリングを入れます。
押し込んでる間にバルブコッタをはめます。
バルブコッタは小さいパーツなので、無くさない
ように♪これでバルブの組み込み終了です。



−5− 反対側から

こんな具合になってます。ここまでは何の問題
もなく、順調なペースです。ヘッドはひとまず
ここで止めておきます。



−6− ブロック

サラッと加工済みです。超音波洗浄器にかけた
あとの画像です。ブロックも新品のようになりま
した。



−7− エンジンスタンド

スタンドにブロックを乗っけた状態です。
いろいろと角度を変えることができるので、
とってもありがたい工具。なきゃ話にならん!



−8− クランクシャフト

バランス取りをしてあります。そして!ラッピング
をしましたっ!メタルの当たり面を磨くんです。
見ても触っても差は歴然。詳しくはパーツ編で。



−9− プラスチックゲージ

クランクシャフトとメタルとの差を測ります。
糸状のもので、潰して測るという使い方をします。
メタルはF-1ブラックメタルを使用!



−10− 計測後

米粒みたいなものが見えますか?この潰れ
具合を測ってメタルの厚みを選択します。
これを測るだけで数時間かかりました。



−11− 振れ測定

ダイヤルゲージを使って測定します。基準値内
でしたが、スラストベアリングをオーバーサイズに
換えて少しカチッとした振れの少ない方向へ。



−12− オイルポンプ

ポンプも新品。穴にオイルを入れ、少し手で回して
あげてブロックに組みます。強化はしていません。
反対側のハウジングも取り付けます。



−13− コネクティングロッド

上は古いコンロッド。色も違うしバリもなし。3本
ともに新品を使って重量合わせをしてあります。
少しのずれでエンジンは大きく変わるんですよ♪



−14− ピストン

ここはやっぱり鍛造ピストンですね。傷防止のため
面取りとかなり細かい範囲の重量あわせ。見えま
せんが、ピストンの裏側を削って合わせるんです。



−15− 洗浄

一度きれいに洗浄します。白灯油を使用しました。
パーツクリーナーでもオッケーです。



−16− 組み上げ

早速、組み込みました。全て新品に換えたので、
輝きがすごい!



−17− シリンダーへ挿入

ピストンリングコンプレッサーを使いシリンダーへ。
ハンマーの柄を使って入れていきます。



−18− ストレーナ

オイルストレーナを付けたあとに、オイルパンを
取り付け、腰下は終了。



−19− バルタイ調整!

カムシャフトが他車のものなんで、バルタイを
合わせます。これは簡単じゃないですよ〜。
調整なしでポン付けできるカムもありますが、
F5A(NA)のIN、F5A(TURBO)のEXの組み
合わせなので、ちゃんと取らないと効果は△。



−20− ラッシュアジャスタ

ラッシュアジャスタをエア抜きしたあとに挿入。
あらかじめオイルを入れておきます。バルブの
先端にも塗っておきました。ヘッド加工を頑張
った甲斐もあり、オイルの流れがスムーズ。
OHするならヘタリ気味のラッシュを交換!



−21− ラッシュアジャスタ単体

これがラッシュアジャスタ。長く乗ればヘタリます。
ラッシュも全て新品を使いました。懐が痛い><



−22− ロッカーアーム

ロッカーアームを乗っけて、最後にカムカバーで
ふたをします。



−23− エンジンらしくなった

カムカバーも取り付け、温存しておいたタコ足も
付きます。
2年近く熟成させてあります^^;



−24− タービン

今まで付けていた31改1.5キロA/R9仕様から
このタービンになりました。下から上まで全域が
パワーバンド仕様になる予定・・・



−25− エンジン完成!

やった〜、これでエンジン組み立ては終了!
あとは車に乗っけるだけとなりました。
ああ、ここまでの道のりは長かった。



−26− 乗っけた!

乗っかりましたよ!しかし、ここで問題がっ!
ボンネット閉めたら、アクチュエーターが干渉する。
加工しなきゃ・・・



というわけで、エンジン製作はこれで終わりです。
この後パイピング製作に入ります。



カプチーノ インフォメーション トップ