カプチーノ メンテナンス

カプチーノ インフォメーション トップ

ブレーキーオーバーホール

11Rはリアキャリパの固着がお約束って
くらいに、半数以上の車両がダメになります。
対作品を組み込んで弱点克服です!

−1− 一番の原因

これを見ればわかるかと・・・
向かって右が対策前のバネ。左が対策品。
バネをかける位置も変更されてます。フックが
やたらと長い問題のバネよりも5分の1くらい
短く、太さもけっこう違いますね。










−2− 固着したリアキャリパ

かなり良い感じにくたびれてます。ノーメンテの
車だったら、これくらいは普通です。
このキャリパも例に漏れず、固着してます。
ピストンは動かない。サイドのレバーも溶接した
かのような固さ><



−3− オーバーホール前&後

全てバラして組みました。きれいなのはもちろん、
動きも良くなったので、一安心。ピストンの中に
あるネジを抜かないとスプリングを換えることが
できません。



−4− 取り外したパーツ

外したリアキャリパの残骸。一部捨ててしまった
ので残ってるものだけ撮りました。可動部とゴム
パーツは全て新品に。部品代と工賃を考えると、
キャリパASSYで換えたほうが良いかも?楽だし!



−5− フロント

リアと比べると簡単にできます。でもエアがないと
結構面倒。ピストンを外すときと、ダストシールを
入れるときにこれがないとかなり苦労します。



−6− マスターシリンダー

これもオーバーホールします。
キャリパも大事ですが、マスターシリンダーも
やっておいて損はないです。



−7− 取っ払います

タンクのフルードを抜いて、パイプ類を外します。
取っ払った状態がコレです。



−8− オーバーホール

分解して洗浄。シール類を取り替えて組み付け
ます。



※要注意

フロントキャリパには向きがあります!!
LもしくはRがキャリパに打ってありますけど、
カプチーノの場合はL・Rが逆なんですよ〜。
スズキの手違い?じゃありません。
カルタスの流用だからです。カルタスは
キャリパが前側に付くので、ブリーザーが
逆位置になります。
なので刻印通りに付けるといつまで経っても
エアが抜けません。気をつけてくださいね♪




カプチーノ インフォメーション トップ